クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化とは、お持ちのクレジットカードの「ショッピング枠」を使い、現金を手に入れるということを言います。例えば家賃の引き落としは「現金」による支払いのはずが、資金難ですぐに現金収入が見込めない場合。クレジットカードで支払うことはできませんが、クレジットカードを現金化することで「現金」が手に入ります。その結果、家賃を現金で支払うことができるということになります。他にも現金がどうしても必要ということもあり得ると思います。その場合に手っ取り早く現金を手に入れる方法がクレジットカード現金化ということです。もちろん、個人が所有するクレジットカードでも、法人のクレジットカードでも現金化できます。したがって、クレジットカード現金化を望む人は個人に限らず、事業資金として使いたい個人事業主や法人にもよく利用されていることが特徴。ちなみに、なぜ「ショッピング枠」なのかというと、キャッシングよりも手数料が安く、利用者にとってもメリットがあるためです。クレジットカードを現金化してくれるお店にとってもメリットがあるためなのです。

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化

ここで一つ具体的にイメージできるようにサンプルをご紹介しましょう。何かしらの事情でどうしても現金が欲しい方をAさんとします。このAさんのクレジットカードのショッピング枠が30万円残っているとし、現金として20万円欲しいとします。その場合、クレジットカードを現金化してくれるお店が指定した商品を20万円+手数料分で購入します(手数料はお店により異なるので、十分に比較することを推奨します)。するとキャッシング枠ではなく、当然ショッピング枠で買い物をしたことになります。その結果、現金として20万円が手に入るということに。もちろんこの買い物は分割にしてもOKなので、急ぎでまとまった現金が欲しいAさんにとっては嬉しいということに。これがよくあるクレジットカード現金化の仕組みです。これはあくまでも一つの例に過ぎず、次によくあるクレジットカード現金化の種類について解説します。

商品買取方式

新幹線

商品買取方式とは、簡単な事例だと新幹線の回数券をクレジットカードで購入し、それを買い取りしてくれるお店に売るという方法。こうすることで、ショッピング枠で買い物をし、それを若干の手数料を引いてお店が現金で買い取ってくれます。今までは街に存在する金券ショップで買い取ってくれていましたが、最近は厳しく、買い取りしてくれないケースも出ています。他にもAmazonのギフト券やブランド品で応用できますが、全体的に買い取ってくれないケースも増えている傾向にあります。従来はこの方法が主流ではあったものの、前述のとおり厳しくなってきたので、クレジットカード現金化を専門に扱うお店が増えており、そこを利用すると間違いなく現金化をしてくれるようになっています。

キャッシュバック方式

キャッシュバック

キャッシュバック方式は商品買取方式よりも身近に存在しています。例えば携帯ショップ。例えば「新規購入で3万円をキャッシュバック!」などの謳い文句を見かけたこともあると思います。これがキャッシュバック方式そのものです。より具体的に説明すると、これは「販売促進費」として購入代金に予め決めた%をキャッシュバックするというもの。仮に20万円の商品を購入するよう指示され、それをショッピング枠で購入する。するとキャッシュバック率が80%である場合は、後ほど現金16万円が手に入るという仕組みです。商品買取方式に比べて、比較的早めに現金が手に入ります。そのためインターネットが普及した現代は、このキャッシュバック方式が人気になっています。

クレジットカード現金化は違法か

違法性

本来、クレジットカードは買い物に利用するものであり、現金を手に入れるものではありません。もちろん現金化するのであればショッピング枠ではなくキャッシング枠を使えば合法です。ではクレジットカードを現金化してくれるお店を通して、現金を手に入れることに違法性はあるのかどうか。気になるところを解説していきます。

利用自体は違法ではない

ATM

結論から話してしまいますが、利用者が罰せられるようなことはありません。少なくとも法律に違反し、刑事罰を追うようなことは今までに一度もありません。罰せられるのはお店側であり、利用者には一切の罰がないのです。だから安心してクレジットカード現金化をすることができます。ただし、限りなくグレーゾーンであるため、今後の法規制には注意をしたいところ。さらに中には闇金レベルの手数料を取るお店もあり、利用者が法的に罰せられることがなくても気を付けたい点はいくつか存在します。

カードが止められる危険性

ダメ

クレジットカード現金化による利用者のデメリットの1つは、クレジットカード会社にバレた場合に、クレジットカードの利用が止められてしまう可能性があるということ。これは各クレジットカード会社の利用規約に書いてある通り、基本的にショッピング枠の現金化はNGであるためです。ただし、お店側と利用者側が合意の上で成立している現金化なので、相当なことがない限りバレることはありません。仮にクレジットカード会社から確認の電話があったとしても「買い物をしました」でOKです。