初めてクレジットカード現金化を利用される方へ

クレジットカード現金化はとても簡単です。初めて利用する場合でも短時間でサクッと現金を手に入れることができます。そうとは言っても、何でも「初めて」はとても緊張するもの……。騙されたらどうしよう?怖い人が出てきたらどうしよう?と、様々な妄想が頭を巡ることだと思います。脅かすつもりはありませんが、「ちゃんとしたお店」を見分けないと、ご想像のとおりトラブルに遭遇することも。できるだけトラブルを避けつつ、クレジットカードのショッピング枠を現金化するにはどうしたらいいのか?このページでは事前にトラブルを回避するための注意点からお店の正しい選び方。さらにはトラブルに巻き込まれてしまった場合の一般的な対処方法までをご紹介していきます。

注意点

チェック

まず始めに注意しておきたい点は、万が一クレジットカード会社に現金化がバレた場合はカードが使用停止になる可能性があるということ。ただし、お店側も利用者側も合意の上で「お買い物をしていること」になっているので、相当なことがない限りは大丈夫。それよりも注意しておきたい点は、詐欺に遭遇するリスクです。

通常のお店であればクレジットカードのショッピング枠を現金に換えてくれるのですが、クレジットカードのショッピング枠を使わせたまま連絡が取れなくなるというケース。一般的なクレジットカード現金化の場合は、あまり価値のない物を一度購入したことにする場合が多いので、この場合は全く無価値なものを購入させておいて、現金に換えてくれずにいなくなるということになります。このようなことにならないために、できるだけ優良業者なのか、悪徳業者なのかを見分ける術を身につけておくことが重要です。

見分け方の1つにサイト内に必要な情報がしっかり記載されているかどうかの確認をするという方法があります。代表的なものであれば「電話番号」「運営者の情報」「個人情報の取り扱い」など。記載があるから安心ということもありませんが、できる限りこのような情報の記載があるかどうかは確かめたいところです。

おススメの方法

スマホ操作

では、悪質なお店に騙さないために、どのように優良なお店を選べばいいのかということが大切になってきます。まずはできる限り情報を集めることです。安易に行き当たりばったりで探し当てたお店にすぐに駆け込むのではなく、目星をつけたお店の情報を探してみましょう。実際に歩いて聞き込み調査を行う……ということではなく、インターネットでもいいので、できる範囲で情報を集めるよう努力してみてください。

例えば過去に問題となったお店であれば、何かしら情報が転がっているかもしれません。ユーザーの情報や口コミなども参考になるかもしれません。またはランキングサイトを利用するという方法もあります。

ランキングサイトはそのサイトによって基準となるものがあり、その基準を満たすものを掲載しているケースが多いです。もちろん、クレジットカードを現金化してくれるお店がサイトに広告料を払っているという場合も考えられますが、逆にいうとまず悪徳業者はそこまでしません。どちらかというと、現金化までの手軽さだけをアピールしてきたりするので、差が明確に出ている場合も。

ランキング形式で紹介しているサイト自体も、自社のサイトの評判を気にする傾向にあるので悪質なお店の情報は掲載しないでしょう。そう考えたときに、ランキングサイトからお店を選ぶという方法も、悪いお店に捕まらない手段の1つです。

もしトラブルに巻きこまれたら

トラブルに巻き込まれた…

クレジットカード現金化のトラブルは国民生活センターに寄せられる相談件数だけでいうと年々減少の傾向にあります。実際には泣き寝入りし、相談していない数をカウントしていないにしても減っているという事実は利用を検討している人にとっては朗報と言えるかもしれません。

さて、クレジットカード現金化によるトラブルが減っているとは言え、ゼロではない限り明日は我が身であるわけです。もし、仮にトラブルに巻き込まれた場合はどのように対処するべきなのでしょうか。相談するべき相手は様々です。ただし、警察と弁護士はひとまず後回しでも良さそうです。警察は動くまでに手間と時間がかかる上に、だまし取られたお金はほぼ戻ってこないと考えてよいでしょう。弁護士の場合は頼りにはなりますが、着手金を含め、依頼する際の費用面でデメリットを感じてしまいます。

そもそもクレジットカードを現金化いているので、何かしらの事情で資金難である場合が多く、そうなると最初に弁護士に相談するのは避けたいところかもしれません。そうなるとどこに相談するのかとなりますが、まずは「国民生活センター」もしくは「消費者センター」に相談することをオススメします。この両者には日ごろから同じような相談が多く、対処法が確立しています。下手に警察や弁護士に相談するよりも圧倒的に早く解決してくれる可能性があります。場合によっては職員が相手方との交渉テーブルにつくこともあり、非常に頼もしい存在です。

本来であればクレジットカード現金化は避けたいところだと思いますし、それでも諸事情でどうしてもという場合もあると思います。そのような、困っている際にトラブルに見舞われては精神的にも疲れてしまいそうですが、「もしも」の場合には、「国民生活センター」もしくは「消費者センター」に相談してみましょう。