還元率は引き上げ可能?より多くの現金を手にするための方法

クレジットカード現金化の還元率

クレジットカード現金化を申し込む業者を探す際に、注目すべきポイントのひとつとして挙げられる「還元率」。高ければ高いほど手に入る金額は大きくなるので、より多くの現金を手にするためにチェックは欠かせません。

しかし、高い還元率を売りにしている業者を選んで利用しても、実際には予定していた額が手に入らないことがあります。
また、人によっては各業者が提示している還元率に満足できないという場合もあるでしょう。
ここでは、そのような方のために、より高い還元率で現金化する方法を紹介します。

誰でもできる!還元率を引き上げるための交渉術

すぐに現金が必要

還元率は各業者それぞれが決めているもの。利用者が自分でその設定を変更することはできません。
しかし、業者に交渉することは可能です。

「還元率を交渉することなんてできるの?」という方も多いでしょう。
特に初めてクレジットカード現金化を利用する方は、「初心者である自分に交渉なんて無理だ……」と最初から諦めモードに入ってしまうかもしれません。

そのような方も、ポイントさえ押さえていれば還元率を交渉することが可能です。
そもそも、業者側としてもリピーターは少しでも欲しいところ。そのため、赤字にならない範囲であれば、なるべく利用者からの要望に応えようとしてくれるところも少なくないのです。
これまでに交渉をしたことがない方も、クレジットカード現金化を初めて利用する方も、ぜひ思いきって話を切り出してみてください。

強気にプッシュ

さて、では実際に交渉を行う際に意識すべきなのはどのようなことでしょうか。
最も大事なポイントは、「強気にプッシュすること」!

最近では「他社よりも高い還元率で引き受けます」という業者を多く目にしますが、このような業者には特に強気に交渉してみることをおすすめします。
他社の還元率をきちんとリサーチすることが前提条件ですが、ほかよりも還元率が低いことを詳細に告げたうえで粘り強く交渉すれば、還元率の引き上げが見込めるでしょう。

数字を伝えてみる

また、希望する還元率を具体的に伝えてみるのもおすすめです。
たとえば、交渉の末に還元率を上げてもらえたとしても1%しか上がっていないとなると、手に入る額に大きな違いは生まれません。 依然として納得のいかない結果に終わってしまうでしょう。
このような結果を招かないために、交渉する段階で希望する還元率を遠慮せずに伝えてみましょう。
妥協せずに交渉を続ければ、希望する還元率で手を打ってくれる公算大です。

ただし、その際は無理な引き上げを要求しないように注意する必要があります。
優良業者の還元率相場は80~90%といわれているので、高くても90%程度で交渉することをおすすめします。

このように、還元率引き上げの交渉は初めての方もチャレンジできます。
しかし、すべての業者が交渉に応じてくれるとは限らないこと、交渉が成立したとしても大幅に還元率が変わらない可能性もあることには、留意する必要があります。

信頼できる優良業者を厳選することが大切

優良業者を厳選する

少しでも高い還元率で現金化したいと思いつつも、

  • 「うまく交渉する自信がない」
  • 「クレジットカード現金化を利用するのが初めてだから緊張する」

といった悩みや不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。

そのような方には、とりあえず「優良業者を選ぶこと」をおすすめしたいと思います。
ただし、各業者がホームページ上で提示している還元率だけを見て「優良業者だ」と判断するのは考えもの。
90%を超える還元率を謳いつつも、利用時に法外な手数料を差し引くような悪徳業者もいるからです。

このような悪徳業者に騙されることなく、信頼できる優良業者を見つける必要があります。

『マネクレ.com』では、安心して現金化できる優良業者のみをまとめたランキングを掲載しています。
ユーザーの皆さんの実体験や、それに基づく評価、意見、さらには各業者とコンタクトを取って直接取材した話などをもとにランキングを作成。
また、ユーザーの皆さんから寄せられた口コミをチェックすることもできるので、各業者の良さや特徴を知ったうえで申し込み先を選ぶことが可能です。

そのほか、「優良業者と悪徳業者の違い」「悪徳業者の巧みな手口」などをテーマにしたコラムも掲載しています。
安心して現金化を任せることができる優良業者を探したい、そんなときにはぜひあわせてご覧ください。

“高額買取”をしてもらうのもひとつの手段

女性がスマホを操作

クレジットカード現金化でより多くの現金を手にする方法として、「買取方式の業者で高い商品を購入すること」も挙げられます。
買取方式で現金化を行っている業者なら、購入する商品の値段に合わせて手に入る金額が変動します。そのため、高額商品を購入すればするほど、必然的に手元に入る金額は大きくなります。

ただし、クレジットカードのショッピング枠は利用可能限度額が決まっているので、その範囲内でしか商品を購入できない点に注意する必要があります。
また、一旦カード決済が行われるので、その場では多くの現金が手に入ったとしても、後日カード会社への支払請求が発生する点も要注意です。
翌月以降の収入や出費を考えたうえで、無理のない範囲で利用することをおすすめします。