クレジットカード現金化の悪質な詐欺手口とは?

悪質な詐欺の手口

クレジットカードが1枚あれば、誰でも簡単にできるクレジットカード現金化。
その申し込み方法は、専用サイトにアクセスして用意されている申し込みフォームに必要事項を入力し、送信するのみ。申し込みが完了したあと、現金が銀行口座に振り込まれます。
消費者金融のカードローンと違って面倒な審査や手続きが不要である点、特定の店舗に行く必要がない点などが大きな魅力です。

このように簡単かつスピーディに現金が手に入るクレジットカード現金化は、経済的な問題に直面している方、直近で現金が必要な方にとって、実にありがたいサービスといえます。

しかし、そのようなお金に困っている人たちの心理につけ込み、優良業者のフリをして詐欺を働く悪徳業者も少なくないようです。
悪徳業者と知らずに利用してしまうと、必要とする額の現金が手に入らないことはもちろん、深刻な被害に遭うリスクも高まります。

ここでは、クレジットカード現金化で見られる代表的な詐欺の手口、そして優良業者と悪徳業者の見分け方を紹介します。
安心安全に正しくクレジットカード現金化をするために、ぜひチェックしてみてください。

※2019年5月20日 記事を更新しました。

代表的な詐欺の手口

インターネット犯罪のイメージ

クレジットカード現金化における悪徳業者の詐欺行為には、いったいどのようなものがあるのでしょうか。
以下に紹介するものはいずれもよく見られる詐欺の手口なので、引っかからないように覚えておきましょう。

1現金が振り込まれない

口座にふりこまれない

よく見られる典型的な詐欺の手口がこちら。
優良業者を利用した場合、クレジットカードのショッピング枠を使って業者が指定する商品を購入し、すぐさまその商品を買い取ってもらうことで、買取代金が銀行口座に振り込まれます。
しかし、悪徳業者を利用した場合、いつまで経っても現金が振り込まれず、商品の購入代金だけを騙し取られてしまうケースがあります。
不審に思ってサイト内の問い合わせフォームから問い合わせたり、直接電話をかけたりしても後の祭り。
業者とコンタクトが取れず、そのまま逃げられてしまうことがほとんどです。

また、現金は振り込まれるものの、サイト内で提示されている還元率からは考えられないような少額しか振り込まれないケースもあります。
高い還元率を提示することでユーザーの目を引きつけ、実際には法外な手数料を差し引いて現金化をする手口です。現金が手に入るとはいえ、希望する額には届かないということになってしまいます。

さて、以下には、このような手口で詐欺に遭い、現金化できなかった方の体験談を紹介します。

男性/32歳/東京/会社員

先日、初めてクレジットカード現金化を利用したのですが、そこでまんまと詐欺にひっかかってしまいました。
どうしても急ぎで現金が欲しかった私は、「高還元率」「即日対応」を売りにしているという業者に連絡し、現金化を申し込みました。

「営業時間の関係で本日は振り込みができませんので、明日振り込ませていただきます」

と言われて、『即日対応と書いてたのに、振り込まれるのは明日なんだ』と少し不審に思いましたが、現金化をするのは初めてだったので、あっさり信用してしまいました。

思えば、それがよくなかったです。
結局、翌日になっても振り込まれず、問い合わせの電話をかけてもまったく繋がらない状態になってしまいました……。

2利用規約詐欺

利用規約

何かしらのサービスを利用するとき、あるいは契約をするときによく目にする「利用規約」。
その名のとおり、利用に関する規約が細かく書かれているものですが、実際に見てみるとかなりの長文であることがほとんど。このことから、利用規約を真剣に読んでいない方も多いのではないかと思います。

しかし、そのような方は要注意。悪徳業者によっては、利用規約の中に現金化や還元率に関して利用者側が損をするような内容を記載していることがあります。
あとから訴えても、利用規約に同意してしまっているために逆らえない、対処に時間がかかるといったことになってしまいます。

さて、以下にはこの「利用規約詐欺」にかかってしまった方の体験談をご紹介します。

男性/41歳/大阪/自営業

どうしても25万円を用意しなければいけなくなり、ワラにもすがる思いでとある業者に相談しました。
その業者はホームページで「還元率90%!」と大々的に宣伝していたので、とりあえず30万円分をカード決済すれば、25~27万円くらいが振り込まれる計算でした。

でも、実際に振り込まれたのはたったの6万円程度で……。

業者のミスだと思って連絡したところ、

「還元率90%というのはあくまでも最大値で、この還元率で現金化させていただくのは100万円以上の取引をされたお客様のみです。取引金額が100万円を下回る場合、還元率は一律20%とさせていただいています

というまさかの返答が!

思わず「そんなの詐欺じゃないですか」と抗議したんですが、
「このことは利用規約にも書いてあったはずです。お客様は利用規約を読んだうえでご利用されたんですよね?
と勝ち誇った感じで言われてしまいました。

確かに、利用規約の中にそういう文言が入っていたようでした。グウの音も出ませんでした……。

3個人情報を盗まれる

個人情報が盗
まれる

クレジットカード現金化の申し込みをする際、専用フォームに個人情報を入力する必要があります。
名前や住所、電話番号、いったんネットショッピングをしなければいけないことからクレジットカードの情報も入力することになります。
優良業者ならこれらの個人情報が漏洩しないよう厳重に取り扱ってくれるほか、もちろん悪用することもありません。
しかし、悪徳業者に個人情報をうっかり渡してしまうと、まず間違いなく悪用されてしまうでしょう。面倒なトラブルを引き起こす原因になります。

4紹介屋詐欺

紹介屋詐欺

“うまい話には裏がある”ということわざがありますが、まさにこれに当てはまるのが「紹介屋詐欺」です。
具体的な手口は以下の通りです。

まず、「お客様のクレジットカードは我が社を含め、ほとんどの業者で利用できません」などと言って現金化の申し込みをいったん断ります。
しかしその直後、間髪を入れずに「でも安心してください。審査なしでお金を貸してくれる業者さんをご紹介できますよ!」などと言って、闇金業者を紹介するというものです。
「助かった」と油断して紹介された業者を利用してしまうと、後に法外な利息が発生し、返済額が大きく膨らんでしまう、といった悲惨な結果を招くことになります。

以下、このような紹介屋詐欺にひっかかってしまった方の体験談を紹介したいと思います。

女性/28歳/千葉/会社員

どうしても近いうちに大金が必要だったので、初めてクレジットカード現金化に頼ることにしました。
しかし、いざ電話をしてみると、「残念ながらお客様のクレジットカードは現金化サービスに対応しておりません」と断られちゃいました。

その一言にすっかり焦ってしまった私は、「ただし融資可能な業者さんを紹介させていただくことは可能です」という悪魔の囁きにまんまと騙されてちゃったんです。

言われるがまま、紹介された業者と連絡を取り、無事に希望の額を振り込んでもらうことができたのですが、利息がすごく高くて……借金地獄に落ちちゃいました……。

5押し貸し

押し貸し

クレジットカード現金化にまつわる詐欺の中には、後日、利用者が忘れた頃を狙って行われるものもあります。それが「押し貸し」です。
過去に利用した業者から、身に覚えのない入金があった場合は要注意。
「これも現金化サービスの一環かな?」と思っていると、利息や手数料を含めた金額の返済を請求されてしまいます。

次に紹介するのは、押し貸しによって実際に被害に遭った方の体験談です。

男性/25歳/埼玉/会社員

初めてのクレジットカード現金化で、何とか窮地を脱した僕。しかし数日後に口座を見てみると、先日利用した現金化業者から、なぜか10万円が振り込まれていました。
戸惑いましたが、あまり気にしていませんでした。そのうち連絡があるだろうと思って……。

確かに、連絡はありました。その翌日に。
「追加でご融資したので、手数料などを含めて15万円の返済をお願いします」という連絡でした。
何の話かわからなかったのですが、徐々に相手の口調はキツくなっていきます。

最終的には、
「振り込んだお金を下ろして使いましたよね?じゃあ返済するのが当然でしょう」
と低い声で言われました。

今思えば当てずっぽうで言ったことかもしれませんが、確かに前日、口座から1回お金を下ろしていた僕は怖くなり、言われたとおりに15万円を支払ってしまいました……。

押し貸しの対処法

このような押し貸しは、闇金業者が関与しているケースがほとんどです。
言われたとおりに返済してしまうと、それ以降、何度もくり返し押し貸しをしてくる可能性があります。
身に覚えがない入金があった場合は、

  • 入金されたお金に手をつけない
  • 返済を催促されても応じない
  • 入金されたままで放置しない

といったことを心がけましょう。
すぐに警察や弁護士に相談し、適切な指示を仰ぐようにしてください。

万が一詐欺に引っかかってしまうと…

詐欺にひっかかってしまった

悪徳業者による詐欺行為に引っかかってしまうと、厄介なトラブルを招く原因になります。
現金を騙し取られて経済的な負担がさらに大きくなってしまうだけでなく、結局現金を用意できずに本来の目的を果たせずに終わってしまいます。

また、個人情報の中でも特にクレジットカード情報を盗まれてしまった場合は、さらに深刻なトラブルを招くリスクが高まります。
カード自体は手もとにあることから悪用されていることに気づきにくく、翌月以降に身に覚えがない支払い請求が手元に届くことで初めて知るケースがほとんど。
その1回だけならまだ被害は最小限で済みますが、ほかの悪徳業者にも流出してしまうと被害は拡大し、最悪の場合は闇金に追われるような事態に陥る可能性もあります。

正しく安全に現金化をするためには

安全に現金化をするために

悪質な詐欺行為による被害を受けることなく、安心安全にクレジットカード現金化をするためには、信頼できる優良業者を見分けたうえで利用することが大切です。

優良業者を探す方法には、「各業者が設定している還元率を参考にする」「クレジットカード現金化をした経験がある人に相談する」といったことが挙げられますが、最も簡単な方法は情報サイトを使って優良業者の一覧をチェックすること。

たとえば『マネクレ.com』では、多くのユーザーから信頼できると高く評価されている優良業者のみを紹介するコーナーを設けています。

また、実際の使用感を知ることができる口コミが豊富な点もポイント。

クレジットカード現金化を成功させるために、ぜひ活用してみてください。