クレジットカード現金化による“借金の一本化”で返済をスムーズに!

返済のスケジュール管理

何をするにしてもお金が必要なこの世の中では、多くの人が借金問題に悩まされています。

といった状況に陥ることは珍しくありません。

消費者金融

そんなとき、多くの人が利用しているのが、消費者金融のカードローンクレジットカードのキャッシング機能。これらを利用すれば、不足分の現金を簡単に補うことができます。

ただ、当然のことですが、借金をした以上はきちんと返済しなければいけません。
そのうえ、借金した額をそのまま返済するのではなく、発生した利息も支払う必要があります。

また、返済し忘れたまま返済期日を過ぎてしまうと遅延損害金が発生し、さらに負担が大きくなる場合もあります。

カレンダー

1社のみから借金をしている場合なら返済期日を忘れることはないでしょうが、複数の会社から借入がある場合は、各社が指定する返済期日を混同してしまい、うっかり返済し忘れてしまうリスクが高まります。
実際に、返済し忘れたことで損してしまった、という方もいるのではないでしょうか。

そんな方、もしくは近々複数社からの借入を考えている方におすすめしたいのが「クレジットカード現金化を利用した借金の一本化」です。

“借金の一本化”って何?

借金の一本化ってなに?

「借金の一本化」はその名のとおり、多重債務者(複数の借入先がある人)が返済先を1社にまとめることをいいます。
具体的には、借金をしていない新規の金融機関から低金利での貸付を受け、そのお金で各借入先からの借金を完済するというものです。
これにより、今後の返済を低金利での貸付を行ってくれた金融機関1社に絞ることができます。

より具体的な例を挙げてみましょう。
仮にA社から30万円、B社から20万円、C社から50万円の借入があるとすると、本来なら各社それぞれに返済していかなければいけません。
この場合は、会社によって毎月の返済額や返済期日が異なるので、計画的に返済プランを組む必要があります。
しかし、新たにD社から100万円を借り入れ、その100万円を使ってA~C社それぞれへの借金を完済することで、今後の返済プランを「D社に100万円」のみに絞ることができます。
これなら毎月の返済額や返済期日がより明確になるので、スムーズな返済が可能です。

こうした流れで行う借金の一本化は、「おまとめローン」と呼ばれることもあります。
多くの銀行、消費者金融がおまとめローンの案内を出しているので、この名前をご存知の方も多いのではないかと思います。

審査が厳しい

とはいえ、問題がひとつ。
おまとめローンは申し込みをしたからといって、誰しもがその場ですぐ利用できるわけではありません。
“ローン”というだけあって、利用するためには厳しい審査をクリアする必要があります。
また複数社からの借入額の総額を貸し付けるということで、その金額は大きくなりやすく、その分だけ通常のカードローン審査よりも基準が厳しくなっているようです。

そこでおすすめしたいのが、クレジットカード現金化を用いた借金の一本化。
面倒な審査を受けることなくスムーズに行えます。

クレジットカード現金化を用いた借金の一本化

クレジットカードで借金を一本化

クレジットカード現金化は、いざというときに役立つ金策のひとつです。
専門業者が開設したサイトにアクセスし、そこで販売されている商品をクレジットカードのショッピング枠を使ってネット購入します。
その後、すぐさま業者に商品の買い取りをしてもらい、買取額を銀行口座に振り込んでもらうことで現金を手にする方法です(業者によっては、キャッシュバックという形で現金化するところもあります)。

面倒な審査・手続きがない

消費者金融のカードローンと違い、利用するにあたって面倒な審査、手続きがない点が魅力的。
加えて、申し込みをしたその日のうちに現金を振り込んでくれる業者が多いこともあり、スムーズに現金を手にできる点が大きなメリットといえます。

そんなクレジットカード現金化は通常、緊急で現金を要する場合の金策として用いられることがほとんどです。しかし、使い方によっては借金の一本化に利用することもできます。
クレジットカード現金化によって借入額の総額以上の現金を用意し、それを金融機関への返済にあてることで、今後の返済先をクレジットカード会社のみに絞り込めます。
返済先をクレジットカード会社だけにすることで、毎月の返済額や返済期日がわかりやすくなるので、スムーズに返済していくことができます。

また、クレジットカード現金化は返済時に利息が発生しない点もポイントです。
クレジットカード現金化は借金をして現金を手にするのではなく、クレジットカードで購入した物を売り、その代金を現金として手にする方法です。
そのため、ふだんクレジットカードを使って買い物をするときと同じように、後日通達されるカード会社からの請求にあわせて支払いを済ますだけで問題ありません。
支払い方法は一括払いだけでなく、「分割払い」「リボ払い」を選択することもできるので、計画的に支払いを済ませていくことが可能です。

ただし、クレジットカード現金化は、利用可能なショッピング枠の範囲内でしか現金を用意することができない点に要注意。
借金の一本化も同様に、金融機関からの借金総額がショッピング枠の範囲を越えている場合は行えないので、その点に留意する必要があります。