クレジットカード現金化と景品表示法の気になる関係を解説!

景表法のお勉強

クレジットカードに残っているショッピング枠を使うことで、ものの数十分で現金が手に入るクレジットカード現金化。どうしても緊急でまとまった金額の現金を用意しなければいけないシチュエーションにおいて、これほど頼れるサービスはありません。

その一方で、短時間でいともたやすく現金が手に入ることについて、

といった疑問や不安を抱いている方も多いのではないかと思います。

結論から先に言えば、クレジットカード現金化は決して違法なサービスでなく、安心して利用できます。
とはいえ、法律の中には「景品表示法」のように、クレジットカード現金化が引っかかってしまいそうなものがあるのも事実です。
そこで今回は白黒はっきりつけるべく、クレジットカード現金化と景品表示法の関係をまとめてみたので、ぜひご覧ください。

「景品表示法」とは

誇大広告ちらしの例

景品表示法は、正式名称を「不当景品類及び不当表示防止法」という法律で、1962年に制定されました。この法律は、簡単にいえば顧客を得るために景品や広告を出すとき、偽った内容で表示することを規制するもの。また、「景品はどのようなものでなければならないか」を定義しているものです。

さて、クレジットカード現金化には「買取式」と「キャッシュバック式」の2種類がありますが、景品表示法に抵触しているのではないかと指摘されることがあるのは主に後者です。

キャッシュバック方式
キャッシュバック式

キャッシュバック式は、購入した商品の価格に合わせて現金を還元するというシステムのサービス。
たとえば30万円分の商品を還元率80%の業者から購入した場合、キャッシュバックとして現金24万円が手もとに入ります。
しかし、これではあまりにキャッシュバックされる金額が大きすぎることから、景品表示法に触れているのではないかといわれています。

たとえば、イベント参加者全員に特典として配布される限定商品、ポイントを集めて交換できるオリジナルグッズ、DVDの予約特典としてもらえる限定グッズなど、特定の条件を満たした利用者全員に提供される景品「総付景品」といいます。
対象者全員にもれなく景品が提供されることから、「もれなく型」ともいわれます。
クレジットカード現金化のキャッシュバックも、利用者全員に現金を還元することから「もれなく型」の景品といえます。

景品は商品の20%以下

ただし、「もれなく型」の景品については、取引額が1,000円以上の場合、最大でも商品の20%分の価値を持つものに限る、と景品表示法で決まっています。
このルールに照らし合わせると、80%前後の還元率を表示しているクレジットカード現金化のキャッシュバックは、いわゆる「不当な景品」にあたるように思われるわけです。

キャッシュバックは規制の対象外

規制対象ではないので大丈夫

しかし安心してください。
キャッシュバックは景品表示法でいうところの「景品」に該当しないことから、規制対象ではありません。

景品表示法上の「景品」とは、以下の要件をすべて満たしているものをいいます。

  • 客引きを目的としている
  • 商品・サービスの取引が行われた際に提供する
  • 経済的な利益に当たる
  • 上記3つの条件を満たしたうえで国から指定されている

キャッシュバックをこれらの要件に当てはめてみると、1~3は満たしているものの、4には該当しません。

消費者庁の「景品の指定に関するガイドライン」によると、「値引き」と認められるものについては「景品」に含まない、と定められています。
値引きというと、一般的にはもとの販売価格を減額することをイメージするのではないかと思いますが、そのほかにも「支払った金額の払い戻しを行う場合」も値引きに認められます。

キャッシュバックは一度支払った金額のうち、一定額を払い戻すことなので値引きに該当します。
つまり、景品表示法上の「景品」からは外れるわけです。

キャッシュバックは景品ではない
キャッシュバックは「値引き」で「景品」ではない

よって、キャッシュバックは景品表示法によって規制されず、高い還元率を表示していても違法行為とみなされないということになります。

もちろん買取式も違法性なし!

古物商許可証

上記のように、キャッシュバック式のクレジットカード現金化は違法行為に当たりません。
買取式についても、古物の売買に関する規則をまとめた古物営業法によって合法的に認められています。
古物営業法によると、公安委員会の許可を得たうえで古物商として登録していれば、古物を売買することが認められています。
現金化業者も古物商として登録したうえで中古品の売買を行っているので、違法性を心配することなく、買取式のクレジットカード現金化を利用することができます。

このように、買取式とキャッシュバック式のいずれにしても違法性はなく、安心安全に現金を手にすることができます。
『マネクレ.com』では、景品表示法や古物営業法にのっとって営業し、多くのユーザーから高く評価されている優良業者を多く紹介しています。

余計なトラブルに見舞われることなくスムーズに現金を手にするために、ぜひお役立てください。