要注意!クレジットカード現金化が
利用停止になる理由

カードがつかえません

クレジットカードは、今や私たちの生活に欠かせないアイテムのひとつです。
1枚持っているだけで、現金を持ち合わせていなくても買い物や各種支払いを済ませることができます。
さらに最近では、このクレジットカードを使って現金化をすることも可能。
現金を急いで用意しなければいけない緊急事態に役立つ、最後の頼みの綱としても活用できます。

しかし、そんな“魔法のカード”も、カード会社から利用停止処分を下されてしまってはそれまで。
一定期間、もしくは強制解約というかたちで半永久的に、利用できなくなります。

そのような悲しい状況に陥ることを未然に防ぐためには、なぜ利用停止になってしまうのかを知ったうえで、クレジットカードを正しく扱うことが大切です。 そこで今回は、クレジットカードが利用停止になるケースを簡単にまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

利用限度額オーバー&返済滞納は特に注意!

支払いスケジュール

クレジットカードを利用できなくなる原因として特に多いのが、利用限度額の超過です。
クレジットカードは1ヶ月に利用できる金額が決まっており、それを超える支払いはできません。
たとえば、利用限度額が30万円に設定されているクレジットカードですでに20万円分の買い物をしている場合、その月の利用可能残高は10万円です。
10万円以下の買い物なら引き続きクレジットカードを使って行えますが、10万円を超える買い物をしようとすると「このクレジットカードは利用できません」と指摘されます。

ちなみに、翌月になれば利用可能残高がリセットされ、再び1ヶ月間で30万円までの買い物ができるようになるので、その点は心配無用です。
また、クレジットカードの限度額は、カード会社に依頼して引き上げてもらうこともできます。
「限度額ギリギリまで使ってしまいがち」という方は、依頼してみることをおすすめします。申し込みについては、電話もしくはWebサイト上の申し込みフォームから簡単に申請できます。

ただし、審査結果が出るまでに数日かかること、審査に通らなかった場合は利用限度額が変わらないことに要注意。万が一に備えて、早めに申請しておくことをおすすめします。

一方、支払いを滞納することでクレジットカードが利用停止になるケースも多いようです。
クレジットカードを利用して買い物をした分の支払いは、翌月にカード会社から請求されます。
しかし、「支払期日を守らない」さらには「その理由をカード会社に一切申し出ない」といったことを何ヶ月も続けていると、カード会社からの信頼が薄れ、最終的には利用停止処分が下されます。

また、支払いを滞納したことは「金融事故物件」として記録され、そのカード会社はもちろんのこと、他社からも目をつけられてしまいます。
その結果、今後もクレジットカードを発行することができない、カードローンを利用できないといった事態に陥る可能性があります。

このほかにも、そもそもクレジットカードの有効期限が切れている場合、ふだんとは違った使い方をしたことでカード会社から不正利用を疑われた場合などが、クレジットカードを利用できなくなるケースとして挙げられます。

カードの利用規約に反するのもNG!

利用規約

上記のようなケースに加えて、利用停止処分を下されないために意識しておきたいのが「利用規約」です。
カード会社と契約を結ぶ際は、必ず利用規約に目を通す必要があります。しかしその内容はあまりに多く、またこまごました字で書かれていることから、簡単に読み流している方もいるのではないでしょうか。
その結果、知らず知らずのうちに規約違反にあたる使い方をしてしまい、利用停止処分が下されるケースが多いようです。

他人にカードを貸してしまった…

カードの貸し借り

規約違反の例として、たとえば“第三者にクレジットカードを貸すこと”が挙げられます。
たとえその相手が家族であっても規約違反に当たるので、クレジットカードの貸し借りは行わないように注意しましょう。

個人情報変更の届け出を忘れた…

住所変更届

契約時に申請した個人情報に変更があったにもかかわらず、その旨の届け出をしないことも規約違反に当たります。
特に住所や電話番号など、基本的な個人情報に変更が生じた際は、必ず届け出を提出しましょう。

現金化を疑われた…

ダイヤモンドの換金

そのほか、クレジットカード現金化に特に関係する部分でいえば、換金性が高い商品を多く購入することも規約違反とみなされます。
具体的には高級なアクセサリーやブランド物のバッグ、人気アーティストのライブチケットなどが挙げられます。
これは以前紹介したように、カード会社がクレジットカード現金化をよしとしていないためです。
仮に本当に自分のために購入した物であっても、カード会社にとっては「現金化をしているのではないか」と疑わしく見えてしまいます。

いかがでしょうか。
以上のような理由で、クレジットカードは利用停止になってしまう可能性があります。

『マネクレ.com』では多くの利用者から高く評価されている現金化業者のみを厳選して紹介していますが、肝心かなめのクレジットカードが利用を停止されていては、どれだけ名実ともに優れた業者に依頼しても現金化はできません。
ぜひ参考にしたうえで、気をつけていただければと思います!