クレジットカード現金化を
家族に内緒で利用するには?

内緒で現金化

家族だからこそ相談できることがある一方で、逆に親しい相手だからこそ相談できないこともあります。
金銭関係のことはそのひとつ。口にしたことで家族関係がギクシャクしてしまう可能性があります。

そうならないために、「クレジットカード現金化を利用したことを家族に知られたくない」という方は多いいのではないかと思います。
そんな方のために、今回は“内緒で現金化をする方法”をいくつかまとめてみました。

そもそもクレジットカード現金化はバレにくい!

クレジットカードと現金

家族に内緒で現金化をする方法をご紹介する前に、前提として「クレジットカード現金化は人にバレにくい金策」であることについてお話します。

消費者金融

たとえば、いざというときに役立つ金策の代表例として、消費者金融カードローンが挙げられます。
審査さえ通れば契約した範囲内で借入が可能ですが、その一方で書類やカードが手元に残ることから足がつきやすいというデメリットもあります。
それに比べて、クレジットカード現金化はクレジットカードを使って買い物をするだけなので、書類や専用のカードが発行されることはありません。

JICCホームページ
信用取引期間「JICC」

また、信用情報機関に登録されないこともポイントです。(信用情報機関=金融機関からの借入状況、そしてその返済状況を管理する機関)
消費者金融カードローンを利用して借入を行うと、その取引情報が信用情報機関に登録されます。
これによって現在の借入額、延滞・滞納の有無といった記録が残ってしまい、クレジットカードの発行やローンの審査に支障をきたす可能性があります。

そのようなトラブルが起これば、家族や恋人から「どうして発行できないの?」「審査に落ちた理由は?」と問い詰められてしまうことが十分に考えられます。
一方、通常のショッピング扱いになるクレジットカード現金化なら、その取引記録が信用情報機関に登録されることがないので安心して利用できます。

クレジットカード現金化はこのような特徴があることから比較的バレにくい金策であることは確かです。
とはいえ、油断は禁物。
ふとしたことから家族にバレてしまう可能性はあります。

より万全な状態で現金化をするために

クレジットカード現金化をより内密に行うために、以下のポイントを意識してみてください。

1購入した商品の郵送日時を指定する

荷物の受け取り

キャッシュバック式を採用している業者を利用した場合は、購入した商品が後日郵送されます。
家族が家にいるときに商品が届けば、「何を買ったの?」と聞かれることは必至。
さらに自分が外出しているときに商品が届いてしまうと、勝手に中身を確認される可能性があります。

こうした事態を防ぐために、事前に郵送日時を業者に伝えておくことをおすすめします。家に自分しかいないとき、確実に自分が受け取れるときに郵送してもらえば安心です。
また、それでも心配な方には、配送先を職場に指定したり、「郵便局留め」にしてもらったりすることをおすすめします。

2Web明細書サービスを利用する

Webで明細書の確認

クレジットカード現金化は通常のショッピング扱いになるため、クレジットカードの明細書にそのやり取りが記載されてしまいます。
業者の名前や購入した商品の詳細が記載されないとはいえ、やり取りした金額次第では十分怪しまれてしまいます。

その点、明細書を紙上ではなくWeb上で確認するように設定しておけば、今後紙の明細書が送られてくることはありません。
Web明細書への切り替えは、カード会社に電話して直接問い合わせる、もしくはカード会社のWebサイト内にある申込みフォームから申し込むことで可能です。

3別の銀行口座を用意する

別の銀行口座

無店舗型の業者を利用してクレジットカード現金化を行った場合は、現金が銀行口座に振り込まれます。
そのため、家族とひとつの銀行口座を共有していると、記帳した際にすぐバレてしまうでしょう。

しかし別の銀行口座をあらかじめ用意しておき、そちらに現金を振り込んでもらうように手配しておけば、内緒で現金化を受け取ることができます。

その場合は、「ジャパンネット銀行」「じぶん銀行」のような15時以降も対応してくれるネットバンク、土日祝日も利用可能な「ゆうちょ銀行」などがおすすめ。
クレジットカード現金化をするうえでおすすめの銀行については以前に紹介しているので、詳しくはそちらをご覧ください。

コラム「安心の即日対応!クレジットカード現金化なら15時以降も取引できる」

4検索履歴を消去する

履歴の消去

1台のパソコンを家族と共有して使っている方は、検索履歴をこまめに消去することをおすすめします。
クレジットカード現金化はインターネット上で申し込み手続きを済ませられるというメリットがある反面、検索履歴が残ってしまうというデメリットもあります。
閲覧履歴や検索キーワードの履歴を見られてしまえば、不審に思われることもあるでしょう。
しかし、こまめに履歴を消去していればそのような心配もありません。

また、スマホに対応する現金化サイトがほとんどであることから、家族に覗かれる心配がない自分のスマホを使って検索したり申し込んだりするのも有効です。

このほかにも、「クレジットカードを別に作る」「(近くに実店舗がある場合に限り)店舗型の業者を利用する」といった方法も考えられます。

ぜひ参考にしてみてください!