これで審査落ちの心配なし!クレジットカードの審査で押さえておきたいポイント

ポイント

クレジットカードは、店頭や各カード会社のホームページで発行手続きを済ませるだけで作ることができます。
社会人はもちろん、学生さんや主婦の方も手にすることが可能です。
ただし、そのためには各カード会社の入会審査をクリアしなければいけません。

そこで今回のコラムは、
「入会審査って厳しいの?」
「審査が通りやすいクレジットカードはどれ?」
「少しでも審査を通りやすくする方法はあるの?」
といった疑問を持つ方に向けて、「クレジットカードの審査基準」をテーマにお送りしたいと思います。

一般的なクレジットカードの審査基準

クレジットカード発行のための審査基準は、各カード会社もしくはカードの種類によって異なります。
以下、特に使用者が多いクレジットカード2種について、それぞれの審査基準を簡単にまとめてみました。

JCBカード

JCB

国内唯一の国際ブランド「JCB」が発行するカード。
全国的に加盟店が多く、国内において最も使いやすいクレジットカードといえます。

そんなJCBカードは、

  • 18歳以上の学生(高校生を除く)
  • 18歳以上であり、本人または配偶者に継続的な安定収入がある方

であれば申し込むことができます。

VISAカード

VISAカード

数あるクレジットカードの中で、最も世界シェア率が高いカード。世界各国に加盟店があるため、国内でショッピングをするときはもちろんのこと、海外旅行をするときも重宝します。

そんなVISAカードは、18歳以上(高校生を除く)の方であれば申し込みが可能です。
審査通過のために必要な年収は、およそ100~200万円とされています。
ただし、この基準はオーソドックスな「VISA一般カード」のものです。
学生向けの「VISAデビュープラスカード」、専業主婦向けの「VISAアミティエカード」は、審査通過のために必要な年収が0~100万円とされています。
クレジットカードの中では審査基準が厳しい部類に入りますが、JCBカードに比べれば収入がない方でも手にしやすいカードといえます。

審査基準が易しいカードがおすすめ

上記のクレジットカードは国内において高い人気を誇りますが、審査基準が若干厳しめなのがネック。
「クレジットカード現金化をしたい=急ぎで現金を手にしたい」という状況において、入会審査ではじかれてしまうのは致命的な痛手になりかねません。
そこでオススメしたいのが、以前に当コラムでも紹介した「エポスカード」や「アコムACマスターカード」です。

詳しくは『作りやすくて現金化もできる!おすすめのクレジットカードを紹介』をご覧いただければと思いますが、これらのカードは審査基準が比較的易しい傾向にあります。
それぞれの審査基準をまとめてみたので、ぜひチェックしてみてください。

作りやすくて現金化もできる!おすすめのクレジットカードを紹介

エポスカード

エポスカード

全国的に広く知られている大型デパート「マルイ(OIOI)」が発行するカード。
18歳以上(高校生を除く)の方であれば、誰でも申し込めます(ただし、未成年の方は親の了承を得る必要があります)。
JCBカードやVISAカードのように年収が問われることはないため、収入がまったくない方、収入はあるが安定していない方でも気軽に作れる1枚です。

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード

消費者金融系のクレジットカードを代表する1枚。
20歳以上であり、なおかつある程度の安定した収入と返済能力があれば申し込むことができます。
パートやアルバイトによる収入でも問題なく審査をクリアできるため、誰でも作りやすいカードのひとつといえるでしょう。

より審査を通りやすくするためのポイント

エポスカードやアコムACマスターカードであれば、入会審査ではじかれることはほとんどありません。
一般的なクレジットカードの審査に落ちてしまった方、1発で確実に審査を通過したい方に適したカードといえるでしょう。

とはいえ、確実に審査を通過できるとは限りません。
そこで、審査をより通りやすくするポイントをいくつかまとめてみました。
「万全の状態で審査に臨みたい」という方はぜひ参考にしてみてください。

1必要事項はなるべく記入する

店頭申込にしてもネット申込にしても、書類や専用フォームに必要事項を記入する必要があります。
その際は、必須事項ではない部分も含めて、なるべくすべての項目を埋めることをおすすめします。
空欄を多く残したまま提出してしまうと、カード会社からの評価が低下するおそれがあります。

2多重申込は控える

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」ということわざがありますが、クレジットカードの発行においては逆効果です。
「どこか1社でもいいから確実に審査をクリアしたい」という思いから、短期間で複数のカード会社に申し込んでしまうと、各カード会社は「借りるだけ借りて逃げるつもりじゃないだろうか」と疑い、審査を厳しく行うようになります。
ハードルが高くなってしまうだけなので、控えるべきといえるでしょう。

3キャッシング枠をなるべく申請しない

クレジットカードには、「ショッピング枠」だけでなく現金の借り入れができる「キャッシング枠」もあります。
発行手続きの際にキャッシング枠の限度額を申請できますが、高額にしてしまうと「お金に困っている=返済能力がない」と判断されかねません。
結果的にハードルが高くなってしまうので、少額もしくは0円で申請することをおすすめします。

いかがでしょうか。
今回のポイントは、以下の通りです。

  • 流通系や消費者金融系のクレジットカードは審査基準が比較的易しい
  • 審査の通過率が上がるような申し込み方をする

スムーズにクレジットカードを手に入れるために、ぜひ参考にしてみてください。