面倒でも必須!クレジットカードの「裏面サイン」について

カードの裏面にサイン

各種料金の支払いに役立ち、お金に困ったときには現金化もできるクレジットカード。
実に便利なアイテムですが、これを使用するためにはまず、しなければならないことがあります。
それが「裏面サイン」です。

クレジットカードの裏面には「ご署名」という欄があり、ここに直筆のサインをする必要があります。
このサインについて、重要性を知らない方もいるのではないでしょうか。

現に、
「サインするのが面倒」
「サインをする必要性がわからない」
といった理由で、無署名のままカードを使用している方も少なくないようです。

というわけで、今回のコラムは「裏面サインの重要性」をテーマにお届けしたいと思います。
無署名のカードを使用していると、面倒なトラブルに発展するおそれがあります。安心・安全にクレジットカードを利用するために、ぜひチェックしてみてください。

「裏面サイン」の意味

店頭でカードを使う

裏面サインには、「使用者がそのクレジットカードの保有者本人であること」を証明する役割があります。

店舗のレジでクレジットカードを使って支払いをするときは、伝票に直筆のサインを求められます。
レジの店員さんは裏面サインと伝票に書かれたサインを見比べ、使用者がそのクレジットカードの保有者本人であることを確認します。
具体的には、サインの内容が同じであること、筆跡が同じであることをチェックしています。
これによって、第三者が不正利用することを防ぐわけです。

ちなみに、「筆跡を見る」というと警察が行う「筆跡鑑定」のようなものを想像する方もいらっしゃるかと思いますが、そこまで厳密にチェックするようなものではないのでご安心を。
自分のカードである限り、伝票にサインをするときことさらに緊張する必要はありません。

「裏面サイン」は漢字でフルネーム?

漢字で署名

新しいクレジットカードの裏面にサインをするとき、
「やっぱり漢字で書かないといけないのかな?」
「フルネームで書かないとダメかな?」
など、ため息をつきつつ考えている方もいらっしゃるでしょう。
たとえば、「斎藤薫(さいとう・かおる)」さんのような画数の多い漢字が並ぶ名前の方、「勅使河原五右衛門(てしがわら・ごえもん)」さんのような字数が多い名前の方は、なかなか大変だと思います。

結論から言うと、裏面サインの書き方に細かいルールは定められていません。
「漢字でフルネーム」以外にも、たとえば「ひらがな」「カタカナ」でサインしたり、「名字のみ」「名前のみ」でサインしたり、ローマ字でサインしたり……自由にサインできます。
著名人のサインみたいに、崩した筆記体でサインするのもOKです。
たとえば、斎藤薫さんは「サイトウカオル」としたり、勅使河原五右衛門さんは「Goemon」としたりすることができます。

ちなみに、カード会社によっては、「記号でサイン」でもOKという場合もあります。
実際、「ハートマークでOK」というところもあるようです(が、もちろん「記号はNG」というカード会社もあるので要注意です)。

ただし、あまりに凝った裏面サインをすると、店頭で伝票にサインをするときに上手く再現できず、問題になることも考えられます。
また、あまりに簡単すぎる記号だと他人に不正使用されやすいという点も注意すべきといえるでしょう。

「裏面サイン」は何で書くべき?

万年筆

あらためて書く必要はないかもしれませんが、クレジットカードの裏面サインは油性ペンで書くのが基本です。
クレジットカードは、基本的にはプラスチック製。水性ペンでは、書いたあとでちょっとこすったりするとすぐに消えてしまいます。
色だけが薄く残って汚れてしまったり、油性ペンで書き直したあとも色が残って見えにくかったりと、良いことは何もありません。

冒頭、「カードを受け取ったらすぐに裏面サインをしなければならない」と書きましたが、まずは慌てず騒がず、油性ペンを用意しましょう。
ひとまず油性のボールペンがあれば間違いありません。

また、カードの表面はつるつるですべりやすいという点にも気をつけたいところ。極細のボールペンなどを使うと、勢い余って書き損じてしまう可能性があります。
書き損じた際はカードを再発行してもらうことができますが、手もとに届くまでには時間がかかります。
緊張しすぎる必要はありませんが、注意を怠ってはいけません。
おすすめなのは、やや太めのボールペンを使うこと。ゆっくりと落ち着いてサインしましょう。

「裏面サイン」をしない場合のリスク

さて、ここまで裏面サインの意味や書き方について説明しましたが、それでもやはり、
「いちいちサインなんて面倒」
「字が汚いから書くのが恥ずかしい」
などと思い、無署名のカードを使用しようとしている……という方もいらっしゃるかと思います。
そのような方のために、ここでは「無署名カードのリスク」について解説しておきましょう。

不正利用のおそれアリ

カードの不正使用

最も危険なのは、「第三者に不正利用されるおそれがあること」です。

あなたが極悪人だと仮定しましょう。
地面に落ちている財布から無署名のクレジットカードを見つけたとき、どうしますか?
極悪人であるからには、「しめしめ」と思うことでしょう。
裏面に架空の名前をサインして、お店でたっぷりとショッピングを楽しみ、レストランでたらふく食事をして、レジで何食わぬ顔でカードを出し、伝票にサインすることでしょう。
店員さんは気づかず、あなたを笑顔で送り出すことでしょう。
そのあと、あなたは指紋を拭きとってカードを捨て、別の悪いことをするために街に出ていくわけです。

そう、このように、クレジットカードの裏面サインを怠ると、紛失したときや盗難にあったとき容易に不正使用されてしまうリスクがあるわけです。

カードが使えない可能性アリ

断る店員

お店によっては、裏面サインのないクレジットカードの使用を断わられることがあります。
特に、海外のお店や格式ある高級デパートや高級レストランのようなところでは、その傾向が強いようです。

欧米諸国をはじめ、一部の海外の国では「クレジットカード=個人の信用性を示すステータス」という認識が浸透しています。
そのため、署名のないカードは信用性に欠けるとして、お店側は使用を断ります。

また、そもそも「裏面サインをすること」はカード会社が利用規約に定めていることです。
カード会社によっては、「加盟店では署名なしのカードは使えない」と明確に定めているところもあります。

補償を受けられない可能性アリ

「裏面サイン」を怠ったことで、当然受けることができるはずの「補償」の対象外になるかもしれないというリスクもあります。正確には、「紛失保険」「盗難保険」などが適用されない可能性が濃厚です。

紛失保険も盗難保険も基本的には、万が一、不正にカードを使用された際の被害を補償してもらえるものです。たとえば盗難されたカードで100万円を使われ、その請求が回ってきたときも、保険を適用することで支払い義務を免れることができます。

しかし、裏面サインをしていない場合は話が変わってきます。
保険を適用させるには利用規約をきちんと守っている必要がありますが、「裏面サインがない=利用規約違反」とされてしまいます。
結果として、自分が使ってもいない100万円の支払い義務がのしかかってくることになるわけです。

いかがでしょうか。
今回はクレジットカードの裏面サインについてまとめてみました。
サインするのにかかる時間は、数十秒ほど。勅使河原五右衛門さんも、「Goemon」だけならほんの2秒程度で書くことができるでしょう。
その短時間の作業を怠るだけで、リスクが何倍にも大きくなってしまいます。

  • クレジットカードが手元に届いたら最優先でサイン!
  • 現在無署名のカードを使用している場合は今すぐサイン!

以上のことをぜひ心がけていただければと思います。