事業資金の悩みをクレジットカード現金化で解決

クレジットカード現金化は大抵の場合、「すぐにでもより多くのお金が必要な場合」に有効な手段です。その他にも「事業資金の調達」にも使える手段です。事業資金を聞くと大きな額でクレジットカード現金化だけではとても賄えないと思うかもしれません。しかし、法人クレジットカードを現金化することで事業資金を賄うことが可能です。今回はその具体的な方法についてお話します。

事業資金調達に使える

クレジットカード

クレジットカード現金化で事業資金の調達をおこなうにあたり、法人クレジットカード(コーポレートカード)があると非常に便利です。コーポレートカードを現金化することで、企業には以下のメリットがあります。

  • 通常のクレジットカード現金化よりも、多くのまとまったお金を得られる。
  • 通常のクレジットカード現金化するより、還元率が高い。
  • 金融機関からの融資よりも金利が安い。
  • 信用情報に履歴が残らない。

法人クレジットカードは利用限度額が100万円以上の場合が多いため、事業資金を賄うほど十分な額を現金化することが可能です。通常のクレジットカード現金化よりもどのくらい還元率が高いかというと、業者によって異なりますが、大抵の場合は3~5%ほどです。この数値は決して低いとはいえない数値なので、十分なメリットといえるでしょう。

金融機関からの融資よりも金利が安いというのも、かなりのメリットです。融資の年利はほとんどの場合、20%に設定されています。安くなったとしても19%、よくて18%ほどです。これでは元の20%と大差ないと言わざるを得ません。 対して現金化は借入ではありませんので、年利は存在しません。ただ、還元率があるので、こちらが金利となります。通常のクレジットカード現金化の場合、現在の還元率の相場は80%~85%となっており、現金化による実質的な金利はおよそ15~20%になります。これだけみても金融機関の融資よりも十分に安いです。

法人クレジットカード現金化の場合、還元率が3~5%上がるので、還元率の相場は83%~90%になります。これをふまえて計算すると、法人クレジットカード現金化の金利は10~17%と驚くほどに安くなります。仮に金利が最大の17%になったとしても、金融機関から借入するより安くなります。

さらにメリットとしてお話した「信用情報に履歴が残らない」というのもあります。現金化したことで、仕事に悪い影響が出るのではないか?と不安になる方は少なくありません。心配しなくても大丈夫です。現金化は記録が残らない仕組みになっています。そもそもクレジットカード現金化ということ自体、合法なので安心してください。

おススメの方法

リサーチ

法人クレジットカードを現金化するにあたり、おススメの方法があります。代表的なのは、大口決済をすることで還元率がUPする業者や店舗を探すことです。クレジットカード現金化を利用するということは、少しでも多くのお金が必要な状態ですので、このようなキャンペーンなどをおこなっているところを探すべきでしょう。

注意点

注意点

これまではメリットばかりをお話してきましたが、現金化する際の注意点があります。クレジットカード現金化というのはあくまで「一時金」です。確かにまとまったお金がすぐに手に入るといっても、それは一時的なものです。のちに来るクレジットカードの支払いを忘れないようにしてください。クレジットカード現金化を利用するということは、経営がうまくいっていない、もしくは新しい事業を起こすのに資金が足りない、のどちらかだと思います。

新しい事業を起こすのに資金が足りないので、現金化をする場合はよいのですが、問題は経営がうまくいっていない場合です。1度きりの現金化ならまだしも、それが度重なってしまっては現金化により、さらに経営が悪化してしまうおそれがあります。

1度まとまった現金を目の前にすると、感覚が鈍ってしまうことがあります。何の計画もなしに現金化をするのではなく、綿密な計画を立てておくことを忘れないでください。また、業者や店舗選びも重要になってきます。中には悪徳ともいえる業者もいるので、あらゆる業者を比較して、よりメリットの多いところで現金化をするようにしましょう。



最新優良業者ランキングはこちら