クレジットカード現金化と他の方法との比較

クレジットカード現金化は「すぐにでもお金が必要」という状況に陥った時には、有効な手段の1つです。とはいえ、後に使用した分を支払わなければならないので、ようはカードキャッシングや消費者金融からお金を借りるのと同じです。今回はそんな「すぐにお金を手に入れる方法」について、クレジットカード現金化と比較をしながらお話します。

カードキャッシングとの比較

キャッシングATM

まずはカードキャッシングと比較していきましょう。ご存知のとおりカードキャッシングとはATMなどでクレジットカードのキャッシング利用枠の中から現金を借りる方法です。キャッシング利用枠はクレジットカードを申し込む時に上限となる額を希望することで、審査が入り利用できる枠が決められます。ちなみに申し込んだ後でも審査を受けることが可能です。

返済方法は翌月に1回払い、リボ払いなどが選べます。そして気になる金利ですが、平均して15~18%ほどです。対して、クレジットカード現金化の金利はおよそ15~20%ほどです。やや高くなる可能性があるというくらいでしょうか。カードキャッシングとクレジットカード現金化の大きな違いはクレジットカードの「キャッシング枠」を利用するのか、「ショッピング枠」を利用するのかということです。

普通クレジットカードはショッピング枠のほうが大きく設けられています。キャッシング枠で足りるような額であればカードキャッシングを、さらに大きな額が必要であればクレジットカード現金化を利用するのがよいでしょう。また、クレジットカード現金化の利用者のほとんどはキャッシング枠を限度額まで利用してしまった人が多いようです。

カードキャッシング
限度額キャッシング枠分
金利15~18%
クレジットカード現金化
限度額ショッピング枠分
金利15~18%

消費者金融との比較

次に消費者金融との比較です。例として消費者金融の中でも有名なアコムと比較してみましょう。融資可能金額は1~800万円までになっています。審査時間は最短で30分と短く、保証人不要で利用できます。気になる金利ですが3~18%に設定されています。ちなみにプロミスでは4.5~17.8%アイフルでは3~18%に設定されています。クレジットカード現金化の金利は15~18%ですから、比較すると消費者金融のほうがお得に感じます。

しかし、100万円未満の借入では、どの消費者金融を利用しても、基本的に上限金利が適用される場合がほとんどです。つまり今回のアコムの場合は18%が適用されます。100万円以上のお金が必要な場合は消費者金融を、100万円以下の場合はクレジットカード現金化を利用するのが得策でしょう。

消費者金融(アコム)
限度額800万円
金利3~18%
(100万円以下の場合は上限金利の18%と考える)
クレジットカード現金化
限度額ショッピング枠分
金利15~18%

チケット現金化との比較

新幹線

次はチケット現金化との比較です。簡単にご説明すると、新幹線やギフトカードなどをクレジットカード払いで購入し、それをそのまま金券ショップなどに売りにいく方法です。中でも一番効率がよいとされているのが新幹線回数券です。どの区間の回数券かにもよりますが、例えば、東京~大阪間の回数券の場合、およそ97%の買取率で買い取りしてくれます。

では、金利を考えてみます。クレジットカードで回数券を購入すると、長くても2ヶ月後に支払いが発生します。手数料を3%払うと考えたとしても、2ヶ月で3%の利率、年利で考えると18%になります。決済日までの期間が短いカードならば、実質的な金利はもっと上がるでしょう。一番効率的とされている新幹線回数券を利用したチケット現金化でも、金利が18%はかかると考えると、クレジットカード現金化のほうがよいといえます。

チケット現金化
限度額ショッピング枠分
金利18%~
クレジットカード現金化
限度額ショッピング枠分
金利15~18%

まとめ

今回はお金に困った時に使えるあらゆる方法と、クレジットカード現金化を比較してみました。結論としては総合的にクレジットカード現金化が一番よいとの判断です。カードキャッシングは枠が少ない場合が多いですし、消費者金融とチケット現金化は金利の面で劣ります。

ただ、クレジットカード現金化の業者の中には、悪徳業者もいるので気をつけなければなりません。その点、カードキャッシングはその心配はないですし、消費者金融もテレビCMでやっているような有名なところで借りれば問題はないでしょう。チケット現金化にしても、長く続いている金券ショップで換金すれば心配ないと思います。

悪徳業者にさえ気をつければ、クレジットカード現金化が1番よい方法です。当サイトの他のページでも何度も述べていますが、業者選びは細心の注意をはらうようにしてください。