クレジットカード現金化の手続き中になんか変だと思ったら

変だぞ?

この先、何度かクレジットカードのショッピング枠を現金化する機会があるかもしれません。そんなときは一度利用したことのある信用できるお店を選べばいいわけですが、最初の一歩目が肝心であることは言うまでもありません。

クレジットカード現金化は利用者よりも、業者側に高いリスクがあるため、比較的優良な業者が多いそう。ただ、そうとは言っても怪しいお店も「ない」とは言い切れません。そんな怪しい業者に引っかからないように「変だぞ?」と思ったら、一呼吸おいて冷静に考えてみましょう。例えば下記のようなところにも要注意。

入力項目が変

入力フォーム

クレジットカード現金化はショッピング枠を現金にするだけなので、それほど難しい手続きは必要ありません。なのにも関わらず、家族構成を聞いてくるなど、不要な情報を引き出そうとしてくるお店には注意が必要です。クレジットカード現金化のために家族構成は必要ありません。

http:

さらに実際に商品を買うという動作が必要になるわけですが、一般的なインターネットでのお買い物と同じように、クレジットカードの情報を入力する場面が出てきます。この際にURLが「https://~」で始まっているかどうか確認しましょう。これはHTTPSという暗号通信を使用しているサイトかどうかを確認するものです。通常はクレジットカードなどの情報を入力する場合は、クレジットカード会社以外に情報が漏れないようにHTTPS通信を使います。つまり、一般的なURLのように「http://~」から始まるURLのサイトでクレジットカードの情報を入力するよう求められたのであれば、情報は抜き取られる可能性があるということです。

買取商品が変

商品段ボール

クレジットカード現金化には2つの方法が存在しています。その両方に共通なことが「商品を一度買う」ということです。
キャッシュバック方式であれば、購入した商品に対しての還元率を予め決めて置き、その率に見合った金額を現金として手に入れることができます。商品買取式であれば、クレジットカードで例えば電化製品を買い、それを買い取ってもらことで現金が手に入るという仕組みです。
ご覧のとおり、どちらにも「商品を買う」という行動をするわけですが、ここで注意が必要です。

http:

一般的に「それって怪しいのでは?」ということが、クレジットカード現金化の業界では「普通」ということを覚えておきましょう。基本的にパワーストーンやぬいぐるみを買うよう指示される場合も多く、中には商品ではなく受付表のみという場合もあるようです。一見すると無価値なものを購入するよう指示されるので「怪しい」と不安に感じてしまいそうですが、業界全体ではこれも普通ということです。

こういった商品の場合、お店側に返品しなくて現金化できるなどのメリットもあります。したがって、ぬいぐるみやパワーストーンを扱っていること自体が「怪しい」ということではありません。ただし、「さすがにこれは…」という商品があれば、できるだけ避けたいところです。

セキュリティコード

セキュリティ

クレジットカードを使用する際に必要な情報は「カード番号」「名前」そして「セキュリティコード」です。一般的に表に「カード番号」「名前」の記載があり、裏面に「セキュリティコード」の記載があります。この3つが揃えば誰でもどこにいてもクレジットカードを使うことができてしまいます。

クレジットカードを現金化する際に一度商品を買う必要があります。買った商品に対して発生するキャッシュバック方式でも、商品買取方式であっても、ショッピング枠を現金化しますので、買い物が必須となっています。店舗でのお買い物の場合は「暗証番号」を利用することもあると思いますが、最近のクレジットカード現金化はインターネットだけで完結するものも多く、暗証番号よりもセキュリティコードの出番が多い傾向です。

そこで悪質なお店の中にはクレジットカードの表裏のコピーを提出させようと誘導してくることも多々あり、これを行うと勝手に買い物をされてしまうという状況になりかねません。現金化するにあたり買い物が発生するにしても、クレジットカードの情報を聞き出そうとするお店には要注意です。最悪、カード番号と名前だけならまだしも、セキュリティコードまで流出してしまうとかなり危険です。もし後々になって流出に気がつた場合は、即刻クレジットカード会社に連絡をし、カードの利用を止めてもらう他ありません。情報の流出には最新の注意が必要です。