クレジットカード現金化は少額でも可能!?

一万円を持つ女性

クレジットカードのショッピング枠を活用する現金化。
マネクレ.comでは、そのサポートを手がける優良業者を紹介しています。

「まとまった額の現金が必要だけれど、手もとにない」
そんなときに便利なサービスを利用できるわけですが、こちらをご覧の方の中には、
「1万円程度の少額でもサービスは利用できるの?」
という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

たとえば……
「古書店で稀覯本を1万円で見つけた!でも店はカード払いに対応してないし、手もとに現金がない」
「昔、友達に借りた1万円を、すぐ返してくれと催促を受けている。でも手もとに現金はない」
こんな場合、クレジットカード現金化のサービスを利用して1万円を手に入れることはできるのでしょうか。

少額でもできるクレジットカード現金化

一万円を手に入れる

クレジットカード現金化は、100万円以上の「多額」でも、1万円程度の「少額」でも可能です。
さすがに1,000円未満のレベルなら、身のまわりにある本やCD、あるいはちょっとした家具・家電を買取店に持っていったほうが手っ取り早いということになりますが、1万円以上を手にしたい場合にはクレジットカード現金化を行うのが便利といえます。
実際、クレジットカード現金化のサポートを行う業者の多くは「1万円以上」でサービスを提供しています。

ただし、何度も繰り返し少額の現金化を行うのは考えものです。
「クレジットカード現金化」は、自分で行うにせよ業者のサービスを利用するにせよ、いったんカードのショッピング枠を使って何らかの商品を購入する必要があります。
その商品を買い取ってもらう、あるいはキャッシュバックという名目で現金を受け取るというのが、クレジットカード現金化の基本的な流れです。

チェックの目を光らせています

ところで、クレジットカード会社は、ショッピング枠を使って現金を手に入れる行為について規約上、違反としています。法律的な問題があるわけではありませんが、カード会社は現金化を好ましくないと考えており、チェックの目を光らせています。
そんな中、現金化のためにクレジットカードを使って頻繁に1万円以上の買い物をしていると、カード会社に目をつけられてしまうことがあります。
結果的に、問い合わせが来たり、利用停止のペナルティを受けてしまったりすることがあります。

「今はひとまず1万円が必要だけど、またすぐ2~3万円必要になるかもしれない」
このような事情をお持ちの場合、小分けにするよりは1回でまとめて5万円分の現金化を行ったほうが無難といえるでしょう。

業者に依頼する場合のメリット&デメリット

請求書

1万円程度の少額のクレジットカード現金化。
ここでは、業者に依頼する場合のメリットとデメリットについてまとめます。
業者ならではのメリットを享受できる一方、実は「少額であるがゆえのデメリット」も存在しているのです。

メリット

最も注目すべきメリットとして挙げられるのは、「スピーディな現金化が可能」ということ。
業者に電話やメールでコンタクトを取り、申し込みを行ってから、最短10分前後ですべてが完了するというスピーディなサービスを利用することができます。
「今すぐに1万円札を手もとに!」という差し迫った事情を抱えている場合に、うってつけといえるでしょう。

デメリット

スピーディに現金を手にすることができるのは「業者ならではのメリット」ですが、一方で「少額であるがゆえのデメリット」もあります。
それは、少額になるほど還元率が下がるということ。

たとえば、11万円以上、あるいは50~100万円なら還元率90%は固いものの、1~5万円程度の少額では還元率が70~80%ほどになってしまうという業者が見られます。
つまり、1万円で申し込んでも最終的には7,000~8,000円程度しか手に入らないということになります。
「1万円札を手もとに!」という事情をお持ちの場合には、15,000円前後で申し込む必要があるわけです(還元率70%の場合10,500円が手に入ります)。

業者はクレジットカード現金化のサポートを手がけるにあたって、手数料を取ることで利益を得ています。
たとえば、上の例を参考にすると100万円で申し込む場合は還元率90%、つまり90万円が利用者の手に渡り、10%の10万円が必要経費も含めて業者の手もとに渡ります。
一方、1万円で申し込む場合、還元率90%では業者の手もとに1,000円しか入らない、必要経費を引くと利益があまりない、ということになります。
これでは業者のほうも経営が立ち行かなくなるので、少額の場合は還元率を低くすることで取り分を増やそうと考えるわけです。

また、そもそも1万円程度の少額の現金化はあまり利益にならないということで、受け付けていないという業者も少なくありません。

自分で行う場合のメリット&デメリット

服をネットオークションにかける

業者に依頼すると還元率が低くなってしまう、あるいはそもそも受け付けていないところもある少額のクレジットカード現金化。一方、自分で行う場合はどのようなメリット、またデメリットが考えられるでしょうか。

メリット

自分でクレジットカードの現金化を行うこと、その基本的な仕組みは業者に依頼する場合と変わりません。
この場合に利用するのは、たとえばブランド品を専門とする買取店。
クレジットカードを使ってブランド品を購入し、その足で買取店に向かって売却して現金を得る、というのが基本的な流れです。

業者を挟まずに行うことができるので、業者を利用する場合とは違って手数料を取られることはありません。
新品のブランド品はほぼ購入額に近い形で買取が可能なので、手数料がない分、お得であるということになります。
少額の現金化をする場合、業者に依頼すると20~30%以上の手数料を取られてしまうことを考えると、純粋に手に入る金額のみに目を向ければ、こちらのほうがおすすめといえるでしょう。

デメリット

業者のサービスを利用しないクレジットカード現金化は、上記のように「手数料がかからない」というメリットがあるものの、下準備から実際の手続きまですべて自分で行わなければならないのがネックといえます。

【ブランド品を購入する】→【買取店に持っていく、あるいは出張買取・宅配買取などを依頼する】という手順を踏んで行うわけですが、単純に時間がかかります。申し込みから現金の振り込みまで10分程度で可能という業者を利用するのに対して、手間暇がかかるわけです。

また、
「そもそも望む額の現金を得られる値打ちのあるブランド品は何か」
「高額買取が期待できる買取店はどこか」
といったことも、自分で調べる必要があります。
高く売れるブランド品を知らなければ、せっかく購入したのに、希望する額よりはるかに安い値段で買い取られることがあります。
また、ブランド品の買取を行う買取店の中には、品物の価値を無視して安く買い叩くような業者や、法外な手数料を取る悪質なところも見られるようです。
このような点は自分で行うクレジットカード現金化のデメリットといえるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。
ここでは少額の現金が必要なときに利用できるクレジットカード現金化についてまとめてみました。
ポイントは、以下の3点です。

  • クレジットカード現金化は少額でも可能だが、短期間のうちに頻繁に行うのは控える。
  • 業者に依頼すると手数料が高くなりがちなので、気になる場合は自分で行うほうが得である。
  • 自分で行うクレジットカード現金化は手間がかかるので、今すぐ必要な場合は業者がおすすめ。

ぜひ胸に留め、金額を重視するか手間を重視するか考えたうえで行ってみてください。



最新優良業者ランキングはこちら