新幹線チケット・Amazonギフト券を現金化する方法

チケット

クレジットカードのショッピング枠を使ってある商品を購入し、その商品を業者に買い取ってもらうことで現金を手に入れる。それがクレジットカードを使った現金化の概要です。

ここでは、そんなクレジットカード現金化の際に使える「商品」のひとつにフォーカスしたいと思います。
新幹線チケットやAmazonギフト券をはじめとする「チケット」です。
以下、具体的にはどのようなチケットを、どんな方法で現金化できるのかまとめてみました。

「チケット現金化」の方法

新幹線チケットやAmazonギフト券の現金化は、基本的には「自分で行う現金化」です。
マネクレ.comで紹介しているクレジットカード現金化業者のサービスは、ある商品を指定して購入してもらい、すみやかに買い取って手数料を引いた分を振り込むというもの。あるいは、キャッシュバックという名目で手数料を引いた分の現金を振り込むサービスを提供しています。

基本的に、この場合の「ある商品」に新幹線チケットやAmazonギフト券が選ばれることはありません。
特に、マネクレ.comで紹介しているネット上で手続きを完了するタイプの業者は、チケットを「ある商品」に選びません。

「チケット現金化」を行う場合には、自分でクレジットカードを使って購入し、以下のような方法で現金を手にすることになります。

金券ショップに持っていく

金券ショップ

人から商品券をもらったけれど、自分では使わないので無駄だ。
旅行のために新幹線のチケットを購入したが、旅行に行かないことになったので不要になってしまった。
そのような場合に、不要なチケットを買い取ってくれるのが金券ショップ。チケット専門の買取店です。
クレジットカードを使って駅で購入した新幹線チケット、または各種の商品券などを持っていくと、現金と引き換えに引き取ってくれます。

チケット買取サイトを利用する

amazonギフト券

Amazonギフト券の買取を専門に行っている買取サイトをはじめ、「チケット買取サイト」を利用することで現金化が可能です。

ネットオークションで売る

オークション

スポーツの試合やアーティストのコンサートなどのチケットを現金化するには、ネットオークションを利用するのが便利といえます。人気チームが出場する試合や人気アーティストが出演するコンサートのチケットなら、熱心なサポーターやファンが買い手となって高額買取が期待できます。

現金化できるチケットとは?

以上、新幹線チケットやAmazonギフト券、デパートが発行する商品券やコンサートのチケット……さまざまなチケットの現金化の方法についてまとめました。
ここでは、それらのチケットを使った現金化についてより詳しく見てみたいと思います。

新幹線チケット

新幹線

一口に「新幹線チケット」といっても乗車券をはじめさまざまですが、特に現金化に向いているのは、新幹線回数券。たとえば、JR東日本では6枚1セットで6回の乗車が可能な回数券を販売しています。
金券ショップやネットオークションなどを活用して現金化できます。
金券ショップでの換金率は最大90%。一番人気は利用者が多い大都市間のチケットで、たとえば東京・大阪間の新幹線回数券などがおすすめです。

Amazonギフト券

amazonギフト券

全世界で3億人以上が利用しているといわれるショッピングサイト「Amazon」で使える商品券です。
換金率は80~90%といったところ。
ただし、換金目的での購入をAmazonが禁止しているという点は要注意です。法律に違反するわけではありませんが、頻繁に購入していると換金を疑われてアカウントを停止されてしまう可能性があります。

商品券

いろいろな商品券

デパートで現金の代わりに使える商品券や、全国共通の図書券といったチケットは、換金率90%以上を誇ります。ただし、特に換金率が高いといわれる「全国百貨店共通券」や図書券は、クレジットカードを使って購入することができません。
つまり、これらのチケットはそもそも現金がなければ手に入れることができないもの。「現金がなくて困っている」というときには不向きであるといえます。
家族や友人から全国百貨店共通券や図書券をもらったけれど、百貨店で買い物をしないし本は読まない。そのような場合に、金券ショップに持っていって現金化するのが良いといえるでしょう。

コンサートチケット

コンサート会場

すでに紹介したように、たとえば人気アーティストのコンサートのチケットなどは、ネットオークションを活用することで高く売れる場合があります。
ただし、ネットオークションは現金を手にするまでに時間がかかることに留意すべきといえるでしょう。
また、アーティストの中には「チケットの転売禁止」を掲げる人たちが少なくないという点も要注意です。
会場で本人確認を行い、チケットの購入者と実際の利用者が違うときには入場できないという措置を取っている場合もあります。
結果的に、オークションの出品者と購入者の間でトラブルが発生する可能性があるので注意しましょう。

「チケット現金化」のリスク

リスク

便利な「チケット現金化」ですが、たとえば上に紹介しているように、「Amazonのアカウントが停止になる可能性がある」「転売できないコンサートチケットがある」などの注意点もあります。
ここでは、それらも踏まえて「チケット現金化」のリスクについてまとめてみたいと思います。

クレジットカードの利用停止

クレジットカードを利用してある商品を購入し、それを買い取ってもらって現金を手にするという「ショッピング枠の現金化」を、クレジットカードを提供するカード会社は推奨していません。
それどころか、規約で現金化を禁止しているところが一般的です。

目を光らせてチェック

また、そのうえでカードの利用者の記録を管理して、現金化を行っていないか逐一チェックを行っています。
特にAmazonギフト券、新幹線回数券といった現金化でよく利用されるチケットの購入に関して、カード会社は目を光らせているようです。
たとえば、新幹線回数券を2回連続クレカ決済で購入したあと、すぐにカード会社から電話がかかってきて質問攻めにあった……そのような声も聞かれます。

ネットオークションで買い手がつかない

高額落札を期待してスポーツの試合やコンサートのチケットなどをネットオークションに出品しても、買い手がつかないという場合があります。

買い手がつかなくて悩む

いちばんわかりやすいのは、人気のないスポーツの試合や人気絶頂を過ぎたアーティストのコンサートに興味を持つ人が少ないという理由ですが、たとえばコンサートチケットの場合、上にも書いたようにアーティスト側が転売に厳しい姿勢を取っている場合が少なくありません。
オークションで購入したところで使えない可能性が高いため、買い手がつかないというケースが見られます。
このようなチケットを使って現金化を行う場合には、あらかじめ買い手が集まることが期待できるものなのかどうか、確かめておくことが不可欠であるといえるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。
新幹線チケットやAmazonギフト券、その他の商品券などを使った現金化は「自分で行う現金化」の便利な方法のひとつですが、一方でリスクも少なからずある方法といえます。
特に、クレジットカードを使ってチケットを購入し、買取サービスを利用して現金を手にするという方法は、カード会社に目をつけられやすいということもあって「めちゃくちゃおすすめです!」というわけにはいきません。
今、どのような方法で現金化を行うか迷っている、という方は、ぜひマネクレ.comが紹介するクレジットカード現金化のサービスを利用してみていただければと思います。



最新優良業者ランキングはこちら